平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
(業務用施設等における省CO2促進事業)

補助事業補助金申請公募説明会採択決定よくある質問

平成29年11月11日

平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(業務用施設等における省CO2促進事業)の四次公募の受付を終了しました。


※ZEBリーディング・オーナー登録(地方公共団体向け)を開始しました。

 

1.事業内容

(1)テナントビルの省 CO2 促進事業(国土交通省連携事業)

テナントビルの省エネ改修に対して最大1/2の補助を行います。

テナントが入居するビルはビルオーナーに光熱費削減のメリットが感じられにくいため低炭素化が進みにくい状況にあります。環境負荷を低減する取り組みについてビルオーナーとテナントの協働を契約や覚書等で取り決めを結び、省 CO2 を図る事業を促進します。

(2)既存建築物等の省CO2 改修支援事業 (厚生労働省、農林水産省、国土交通省携事業)

既存の業務用施設(駅舎、地方公共団体の所有施設等)において、大規模な改修を除く省 CO2 性の高い機器等の導入、リース手法を用いた地方公共団体施設の一括省 CO2 改修(バルクリース)を支援します。

2.補助内容

(1)テナントビルの省 CO2 促進事業(国土交通省連携事業)

補助対象者建築物所有者
対象事業


① 運用改善に要する設備導入事業
② 設備改修事業
補助割合
① 対象経費の 1/2 を上限に補助(上限:50 万円)
② 対象経費の 1/2 を上限に補助(上限:5,000 万円)

(2)既存建築物等の省CO2 改修支援事業 (厚生労働省、農林水産省、国土交通省携事業)

①鉄軌道関連施設    

補助対象者鉄軌道事業者等
対象事業鉄軌道関連施設(鉄軌道駅、鉄軌道駅に付随する建築物・工作物、トンネル、車両基地、運転指令所等)に高効率の省CO2 型設備を導入する事業
補助割合対象経費の 1/3 を上限に補助

②地方公共団体所有施設のリース手法を用いた一括省CO2 改修(バルクリース)
(ア)バルクリースによる低炭素設備導入調査事業   

補助対象者小規模地方公共団体(人口25 万人未満の自治体)等
対象事業改修によるCO2 削減効果や、費用対効果、投資回収に必要な年数等に関する調査
補助割合定額(上限:2,000 万円)


(イ)バルクリースによる低炭素設備導入支援事業

補助対象者民間事業者
対象事業(ア)の調査結果に基づき、複数施設の高効率設備への改修を行う
補助割合対象経費の 1/3 を上限に補助(上限:8,000 万円)

公募に関する資料等のダウンロードはこちらから

3.ご注意

鉄軌道関連施設事業は昨年度までのエコレールラインプロジェクト事業のうち、車両部分を除いた、建物(施設)対象の補助金となっております。

車両に関しては、下記執行団体が担当しております。
一般社団法人低炭素社会創出促進協会様

 



一般社団法人 静岡県環境資源協会
省CO2促進事業 支援センター
〒420-0853 静岡市葵区追手町9−28 興産ビル2階
問合せ先(ご質問につきましては、出来る限りメールでお送りください)
メール: center@siz-kankyou.or.jp
電話: 054-266-4161
FAX: 054-266-4162

一般社団法人 静岡県環境資源協会
〒420-0853静岡市葵区追手町44-1静岡県産業経済会館6F
TEL/054-252-9023 fax/054-652-0667 E-mail/kankyou@po.across.or.jp
一般社団法人静岡県環境資源協会
Copyright(C) Shizuoka Environment Resources Association. All Rights Reserved.